• トム・ソーヤー冒険村

①雨の日を楽しむキャンプの心得~準備編~




キャンプには行ったことがないけれど、キャンプをしてみたい!という方にとって「雨」

というのはまるで未知の世界でしょうか。


普段であれば屋根のあるところまで傘をさして歩けば問題はありません。

ではキャンプ場ではどうでしょう。

テント泊であれば雨を遮るものはありません。

怪しい天気の時に初キャンプに行って、突然雨が降った時はどうすれば良いの?

持っていくものは?

設営は?何をして過ごしたら良い?


考えると不安は色々あると思いますので、事前準備について少しお話します。

雨対策を知って少しでも不安が解消できたら嬉しいです。


まずはこちら


■【個人装備】


キャンプで過ごすウェアの他にあれば良いもので、備えあれば・・という

ものをいくつかご紹介します。


・レインウェア

いわゆるカッパです。傘は手が塞がるのでおすすめできません。

ポンチョでも良いですが、できれば上下セパレート(分かれている

もの)が動きやすく、そして透湿性(湿度を逃がす機能)の高いものがおすすめです。

ビニールカッパなどは透湿性が低く、中の湿度を逃がすことができません。

湿度が逃げないと、汗が体に残るため不快なだけでなく体を冷やしてしまいます。

せっかくのキャンプなので雨でも快適に過ごしたいですね。


・グローブ

火を扱う革のグローブなどを持っている方は多いですが、防水のグローブも持っていると

重宝します。手も雨で冷えると動かしにくくなりますから注意が必要です。


・防水の靴

長靴ではなく防水の短靴があると良いですね。

なるべく着脱が容易で、レインウェアと同じく透湿性の高いものがおすすめです。


・靴下

靴下はできればウールを使用したものを履いていると、吸汗速乾、冬は暖かく夏は涼しい

というように機能性が高いので快適に過ごせると思います。


続いて


■テント周り


最も重要な"住"の部分です。

雨の日でも快適に、心地よく過ごしたいですね。


・グランドシート

グランドシートとは、テントの下に敷くシートのことです。

テント底の耐久性を高める、防水性を高める、といった効果が期待できます。

忘れている方も多いのですが、テント購入時に一緒に購入するようにしましょう。


・細引き(ロープ)

10mくらいの細引きを持っていると物干しに使用できます。太さは2~4mmもあれば十分です

。濡れたウェアを干したり調理器具やランタンを吊るしたい時にも役に立ちます。


いかがでしょう。


基本的なものをいくつか挙げてみましたが、その他にもテントやタープに付いた水滴をど

かすためのスクレイパーや、着替えなどを入れておく防水性の高いスタッフバッグなど、

必要に応じて買い足していくと良いと思います。


雨だからといって憂鬱になるのではなく、準備を万端にしていれば突然の雨でも動じるこ

となく対応できることでしょう。


今回は持っていく装備についてのお話でした。


次は設営場所や設営、撤収時についてお話したいと思います。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

予約確定メールが届きましたが、アーリーチェックインを申し込んだにもかかわらずチェックインの時間が15:00となっていますが、どうしてでしょうか?

ご予約時にアーリーチェックインのオプションで、 1時間アーリーチェックインをお申し込み頂いた場合は14:00に、 2時間アーリーチェックインをお申し込み頂いた場合は13:00に、 3時間アーリーチェックインをお申し込み頂いた場合は12:00にお越しください。 予約確定メールにはアーリーチェックインのオプションが反映されない状態で届きますが、ご了承ください。

③雨の日を楽しむキャンプ経験者の心得~キャンプ中をどう過ごすか~

前回までに装備や設営/撤収について簡単にお話しさせていただきましたが、準備万端でキャンプ場に到着、設営場所も良い場所が見つかり設営も終わりました。 さて、次はどうしましょう。 雨が降っているので外で遊ぶのは難しそうです。 これは非常に難しい問題なのですが、雨の日でもできる。雨が降っているからできること をいくつかご提案したいと思います。 - 特にキャンプ初心者のかたへおすすめ - ①森を散策する